家ペディア

静岡のSBSマイホームセンター コンシェルジュサービス
ちゃんとチャット|家づくりのお悩み解決コラム

家ペディア

マイホームの値段とは

公開日:2020.7.9 / 最終更新日:2020.7.13

新築で家を建てようと計画している方は、よく「坪単価」という言葉を耳にすると思います。
坪単価が安い、高いという言葉に翻弄されていませんか?『この家の坪単価は○○』と聞くと値段のイメージがつきやすいので、他社との比較に使っている方も多いと思います。

坪単価に含まれるもの、含まれないものについて説明します。

坪単価は会社によって含まれるものが変わる?

坪単価とは、『家の本体価格 ÷ 延床面積(建物の床面積の合計)=坪単価』です。施工業者により定義はまちまちですが、簡単に言うと「最低このくらいの金額はかかる」ということです。

しかし実際にはもっと費用がかかってきます。(坪単価と実際にかかる費用には差がある)例えば、内装や外壁・窓・キッチン・バス・トイレなどの設備のグレードを上げれば、坪単価が上がります。

延床面積の広い家と狭い家を比較してみましょう。
延べ床面積に関係なく、キッチン・バス・トイレなどは設置する数にあまり差が出ません。これらの費用は、家の本体価格の20%~30%を占めると言われています。そうなると、キッチン・バス・トイレが占める割合が大きいので、延床面積の狭い家の坪単価は高くなってしまうということです。

一概に坪単価が安い高いでは判断ができません。あくまでも、坪単価は『価格の目安』と考えましょう。

坪単価に含まれない費用とは?

先ほど、坪単価とは「最低このくらいの金額がかかる」といいましたが、新築工事のなかで坪単価に含まれない費用は、どのようなものがあるか知っていますか?

付帯工事費(全体の約2割)

建物本体以外の全ての工事にかかる費用のことです。

  • 解体工事関連費用
  • 造成工事費用
  • 基礎補強工事関連費用
  • インテリア・電設関連費用
  • エクステリア関連費用

諸費用・その他費用(全体の約1割)

家を建てる工事とは別にかかる費用のことです。

【諸費用】

  • 登記費用
  • 印紙代
  • 住宅ローン手続き費用
  • つなぎ融資費用
  • 火災・地震保険費用
  • 各種負担金など

 

【その他費用】

  • 仮住まい費用
  • 引っ越し費用
  • 式祭典費用
  • その他費用

 

施工業者によって異なりますが、上記のものは「坪単価」には含まれていません。ベランダやポーチなどは施工業者によって坪単価に含まれているか、いないかの対応は様々ですが、細かいことを言えば、網戸・雨戸などもそうです。

見積書を出してもらったら、1番最初に気になることは「金額」かも知れません。しかし施工業者によって、見積書の様式・形式が異なっているため、見落とす項目がないか、見積書に載っていない費用があるかどうかも確認しましょう。

まとめ

家の価格は『家の本体価格+付帯工事費+諸費用』です。後悔しないためにも、事前に下調べをして、複数社に見積もりを出してもらい、比較・検討をしましょう。