コラム住宅でも提案型プロポーザルの取り入れ

建築士事務所協会 会員  山梨一級建築設計事務所 山梨一正

プロポーザル方式とは
 業務の委託先や建築物の設計者を選定する際に、複数の者に目的物に対する企画を提案してもらい、その中から優れた提案を行ったものを選定する方式です。主に、公共建築物や寺院などで採用される方式ですが、住宅にも採用したらどうなるでしょう。

すでにある住宅モデルから理想の住宅を選ぶ
 皆様が、住宅展示場に度々足を運ぶのも、比較検討をするためですよね? 自分たちの住まいです。理想を求めて、理想に近いものに出会うまで納得が行くまで見たいはずです!そして金額・プラン・デザインを決定をする。 テレビで見聞きする会社の住宅は実績も豊富で、お客様の需要に応える研究を重ねていますし、国の推進するエネルギーゼロ住宅の取り組みもいち早く行っています。 それに、補助金の申請手続きもしてくれる所もあるはずです。補助金は国・県・市町でありますので、上手く利用するとかなりお得です。そのような情報も、豊富な資料を持って説明をしてくれる会社を選ばれると良いと思います。 後は、お任せすればスムーズに手続きも行ってくれますので、手間暇はかかりません。

ゼロから理想の住宅をプランしてもらう
 では最初から理想の家をプランしてもらって、比較検討する方法はどうでしょう? これが住宅におけるプロポーザル方式です。 まず、お客様が条件を出します。予算・構造規模・家族構成・イメージ・敷地環境・敷地形状....出された条件の家を設計してみたいという、建築家がエントリーし、建築家の技術・センスでプランを提出します。出されたプランの中から一番好ましい建築家にお願いをするという方法です。ですが....これが皆さんの持つ設計事務所のイメージでしょうか? 敷居が高い、時間がかかる、設計料が高い、施工は大丈夫なの?それに、何処の設計事務所に頼めばいいのか分からない… こんな多くの疑問と不安を抱きながら、敢えて設計事務所に依頼する必要があるでしょうか? 建築家が設計する家は自由設計ですから、お客様の為のお客様だけのご提案が出来ます。設計図に基づいた細かい見積書がもらえますので詳細が明確で、設計と施工が分かれているため建築主の立場で厳しい監理をおこなってくれます。

 以上が、設計事務所に依頼する大きな特徴ですが、お分かり頂けましたでしょうか?でも、プランをしてもらうだけでお金かかるでしょう?という疑問を持たれる方もいらっしゃるでしょう。 視野を広げて、設計事務所に興味を持たれた方に、建築家がやっている無料サイトもありますので、ご参考にされるのも一案かと思います。
 設計は家を建てる基本ですから、どのような会社にお願いしても請負金額の中に設計料は含まれているはずです。(設計事務所は明確に設計料の提示があります) 設計のやり方で、工事費が大幅に変わる事もありますし、上手なプランで光熱費の削減も可能です。
 家を建てるスタートの設計の重要性をお伝えすると共に、家創りの選択肢を広げて頂くと、今までの固定概念から解き放たれた新しい発見やプランの楽しさを味わって頂けるのではないかと思います。 素材(土地)が同じでも建築家の提案で違う家創り、プロポーザル方式を体験してみませんか?

416308

ページの先頭へ