新栄住宅呼吸する住まい 美來

新栄住宅

先人の知恵と現代の技術で、断熱と調湿を両立。

ムク材のフローリングに大きな窓から光が射し込み、まるで自然に包まれているようなのびやかさを感じる家。
夏は高温多湿、冬は寒く乾燥しがちな気候風土に合わせ、“断熱”と“調湿”を重視してつくられた「呼吸する住まい」です。

玄関から入ってまず目に入るのはキッチンとダイニング。その隣に床を一段低くしたリビングが続きます。


間仕切りのないひと続きの空間ですが、段差や床の色合い、しつらえによってがらりと空気が変わることに驚きます。床や天井で存在感を放つムクの木材は年を経るごとに風合いと強度を増していきます。


土間や縁側、雪見障子や室内との一体感ある植栽など、昔からの家づくりの知恵も随所に取り込まれていました。

2階には寝室と子ども部屋。浴室やトイレは1階からも2階からも使いやすいよう、中2階にまとめられています。


施工担当者からのコメント

ムクの木材をはじめ、内装材や断熱材、耐震パネルに至るまで、調湿作用のある“呼吸する”素材を使うことで、家を湿気から守り、長く気持ちよく暮らせる環 境がつくられています。また家全体をしっかり断熱しながら、屋根や外壁の内側に通気層を設けて空気や湿気の通り道を確保。夏はサラッと爽やかに冬は潤いを 保って心地よく過ごすことができ、冷暖房コストも抑えられるのだそうです。

新栄住宅の施工事例一覧


新栄住宅のモデルハウスはこちら

ページの先頭へ