SBSマイホームセンター

総合住宅展示場を活用する5つのポイント

SBSマイホームセンターの活用方法をご紹介します。

一番大事なポイントは「遠慮しない」こと!

一番大事なポイントは「遠慮しない」こと!

一世一代の買い物です!決して遠慮はしないでください!なんでも質問しましょう。見るだけなら「建てるのは先ですが、見学させてください」と言って「見るだけ宣言」しましょう。これも総合住宅展示場を活用するポイント「会社を見る」「担当者を見る」ということです。営業マンのペースに、決して飲み込まれないでください!ズラリと建ち並ぶ豪華ケンランなモデルハウス群を前にしても、自分のペースを保つことです。買うのはアナタ!他の誰でもありません。このポイント、重要ですよ!

目星をつけてから行きましょう!時間管理は重要です。

目星をつけてから行きましょう!時間管理は重要です。

SBSマイホームセンターは、数多くのモデルハウスがありますので、1日で全部見て回ることは難しいと思います。これは大規模展示場だからこそのジレンマです。効率的に比較する為には、Webや住宅情報誌、折り込み広告などで事前に3社程度に目星をつけましょう。質問事項もたとえば各社共通で耐震を質問、A社はソーラーシステム、B社はバリアフリーなど事前に書き出してから行きましょう。

便利グッズ必携 スマホと筆記用具はマスト 脱ぎやすい靴で

便利グッズ必携 スマホと筆記用具はマスト 脱ぎやすい靴で

普段使っている室内履き持参でいつもの足裏感覚で歩くのもお勧めです。カタログなどの資料を入れるカバンもあると便利。よくメジャー持参でと言われますが、展示場の豪華仕様は窓は大きく、キッチンは広く設備も大きいので実際に自宅の設計の段階で検討すれば良いかもしれません。

キッチンは立ってしゃがんで手を伸ばし、階段は上がって降りて

キッチンは立ってしゃがんで手を伸ばし、階段は上がって降りて

リビングのソファにも座り上を見て天井の高さを確認。トイレも座ってみましょう。広い家は掃除が大変です。新しいキッチンや浴室、サッシは掃除が楽だったりします。住む人の便利さ、快適さは建てる前こそトコトン追及しましょう。メーカーサイドの説明は、さすがに良く出来たものが多いので素直に漏らさず聞き取ることも大切な姿勢でしょう。良いなと思ったら同じことを別のメーカーに質問すればダイレクトな比較が可能です。

表面ではなく中身(構造)の説明は特に時間を取って

表面ではなく中身(構造)の説明は特に時間を取って

最近はリフォームやリノベーションブームです。設備や壁紙は時代と共にどんどん良くなりますし、家族構成や年齢と共に使いやすい間取りや設備は変化します。内装や水回りなどの見える所がリフレッシュ可能なのは、頑丈な構造がキープ出来ていてこそ。毎日の生活では見えない壁の裏、床下、骨組み、基礎工事、地盤強化などの「カタイ話が重要」なのは言うまでもありません。この辺りの説明がしっかりしているメーカーかどうか。厳しくチェックして我が家を建てるパートナーを選びたいものです。

  • 特徴
  • 来場する10の理由
  • 施設紹介
  • イベントの様子
  • よくあるご質問

  • 総合住宅展示場を活用する5つのポイント
  • 注文住宅の魅力を知る!
  • 「ここがよかった!」ご利用者の声
  • モデルハウス見学の仕方
  • 建売住宅・マンションご検討中の方の活用術

  • 注文住宅の建て方
  • 気になるお金のこと
  • 気になる土地のこと
  • 気になる建築のこと
  • 気になる制度のこと
  • 家づくりコラム
  • 静岡県内住宅データ

  • 住宅ローンシミュレーション
  • 静岡県内住宅助成金制度検索

住宅メーカー施工事例

ページの先頭へ